かめのて.comへようこそ!

ごあいさつ

皆様はじめまして、当サイトの管理人、かめのテツコです。

コメントについてのお詫び(2017/8/30)
こちらのページにコメントを寄せてくださった皆様、承認待ち状態のまま、長らくお待たせしてしまい申し訳ありませんでした。

当サイトでは、スパムコメントへの対応が追いつかず、しばらくの間サイト全体でコメントの受付を中止しておりました。しかし、こちらのページだけは設定が漏れていたようで、コメントを書いていただける状態が続いてしまいました。

そのため、せっかくコメントをいただきながらも当方ではそれに気付かず、半年以上経過してしまうという事態になりました。ご不快な思いをなさったことと思います。本当に申し訳ありませんでした。

これから少しずつ各記事のコメント欄も再開していきたいと思っています。至らない点が多いサイトですが、またコメントいただけると嬉しいです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

かめのて.com管理人 かめのテツコより

かめのて.comでは、日々の暮らしで体験・体得した「ちょっといい」くらしの情報をお送りします。

おいしいもの、便利なもの、おもしろいもの、びっくりするもの、などなど皆様のお役に立てそうな情報を掲載できるよう一同力を合わせてがんばっております。

なのですが・・・雑念に支配された執筆キャラたちが書きたいことだけ書いているため、情報のカテゴリーは種々雑多(=無秩序)でございます。

普段、ご興味・ご関心のない事柄について皆様に新たな発見・出会いをご提供できれば幸いです。

なお、記事内容の監修は、私かめのテツコが担当しております。

かめのて.comの執筆キャラたちが書き散らかした内容を、できる限り分かりやすい記事にするよう努めておりますが、至らぬ点も多々あるかと思います。

何かお気づきの点がございましたら、ぜひご意見/コメントをお寄せください。

というわけで、気が向いたら時々かめのて.comに遊びにいらしてくださいませ!

LINEで送る
Pocket

「かめのて.comへようこそ!」への12件のフィードバック

  1. はじめまして、
    甘酒作りに挑戦しようと
    ネットサーフィンしててたどり着きました。

    他のサイトと違って色々な結末が書いてあったりして、
    とても参考になりました
    いつか冷蔵庫で1カ月保存の米麹製マイグルトも試してみたくなりました。

    ありがとうございます(^o^)

    1. コメントありがとうございます!
      返信が遅くなり申し訳ありません。
      異様に長い記事になってしまって、こんなの読む人居るんだろうか・・・と思っていたのですが、コメントまでくださって感激です(^^)

      甘酒作りはいろいろ試せて楽しいですね。
      作り方によっても味が変わりますし、材料を変えるとまた違ったおいしさが発見できます。
      ぜひ作ってみてください(^^)

  2. お初です。
    ワンのブログオーナーのsakuramama と申します。

    甘酒が体に良いことは以前から知っておりました。
    ですがそれを毎日となると結構貧乏人には、ハードルが高い。
    たまたま、テレビで放送されたのを観て、やっぱり取り入れたほうが良いな。と、改めて思いなおし、作り方を検索しました。

    色々有りましたが、ヨーグルティアで出来るという部分で、
    あなたのサイトが目を引きました。

    で、書かれている通りにすべく、お薦めの米麹を買い入れ、
    挑戦しました。

    保温完了から48時間以後の、今日の夕方飲みました。
    甘くなっていて美味しかったです。
    うちのワン2匹も美味しそうになめます。

    丁寧に分かりやすく書かれていたので、挑戦みようと思いました。

    有難う御座いました。

    1. sakuramamaさん、コメントありがとうございます!
      返信が遅くなり申し訳ありません。

      ワンちゃんたちも甘酒を気に入ってくれたようで嬉しいです!
      甘酒は簡単に作れて、子供から大人まで誰でもおいしく飲める幸せな飲み物だなと思っていたのですが、まさかワンちゃんまで適用可能とは。恐るべし、甘酒。

      ヨーグルティアを使うと材料を入れて寝て待つだけなので本当に便利ですよね。
      慣れると5分くらいで材料を準備できますし。

      やたらと長い基本編ですが、まだ付け足しを目論んでおります(笑) 
      分かりにくい、くどいなど(久しぶりに自分で読んだらたくさん出てきました・・・)、びしびしコメントしていただけるととても助かります。
      もしまたの機会がありましたら、ぜひ遊びにきてくださいね!

  3. 甘酒作ろうといろいろさがしてこのページをお気に入りに入れました。
    初めは鶴味噌のまわしものかと思った。
    大分には鶴味噌の営業所があって、そこまで自転車で買いに行った。
    負けてもらって又送料もいらず、有酸素運動にも一役
    良いところを教えて頂きました。
    又、うちは農家で米も芋も自家製、コメはくず米を使用
    節約大好き
    失敗を堂々と書いてある、最高です!!
    人の失敗談 面白いです
    さぞかし、よっぽど悔しかったみたいですね!
    その時の顔が目に浮かんできました。
    きっと心の大きい人だな~
    人の自慢話は面白くない
    昔ノーベル賞をもらった人の話を聞く機会があった。
    天皇陛下に招待されたスライドをたくさん見せられた。
    一緒に行った人がつぶやいた「村上さん、自分は卒論が同じテーマで今まで尊敬していた
    しかし、今日がっかり」
    ノーベル賞をもたった人でも・・・自分らはまして
    なにも自慢できませんね!失敗が一番
    冬になると皮膚が乾燥して毎年クリームが必要でした。
    しかし今年はクリームがいらない、これは甘酒のおかげだと信じています。
    かめのて.com応援しています。

    1. murakamiさん、コメントありがとうございます!
      返信が遅くなり申し訳ありません。

      >初めは鶴味噌のまわしものかと思った。
      麹だけでなく、鶴味噌が作っている甘酒(製品)も紹介していますしね~(^^)
      でも、紹介している甘酒の作り方が、鶴味噌の麹パッケージに書いてある分量よりはるかにケチケチと麹を使う方法なので、まわし者とは認めてもらえそうにないです(笑)

      麹は大分の営業所に直接行って購入なさったのですか。有酸素運動できるくらいの距離だと、ご自宅からはちょっと遠いところかもしれませんが、割引もあったようでお得でしたね。
      お米もご自宅で作られているとのこと、うらやましい限りです!

      失敗話も楽しんでいただけたようでよかったです。
      私自身いつも適当に作ってなんとかなっているので、分量はお好みでどうとでもなると思っています。
      なので、分量より作り方や注意点に力を入れて書いてみたところ、あのような長さに・・・。
      でもmurakamiの応援のおかげで、また新たな失敗をしたら懲りずに追記しようと思いました(笑)

      なかなか更新のないサイトですが、時々見に来ていただけるとうれしいです!

  4. 甘酒が芋でも、できるとは知りませんでした。
    コメも芋もデンプンですものね!
    米麴と芋だけで作ってみました。
    柔らかい芋羊羹みたいで美味しかったです。
    ありがとうございました。

    1. 匿名さん、コメントありがとうございます。
      返信が遅れてしまい申し訳ありません。

      甘酒は、でんぷん系のものなら結構なんでもいけそうですよね。じゃがいもの甘酒なども売っていますし(私が買ったものはあまりおいしくなかったですが・・・)。

      匿名さんは、米麹と芋だけでおいしくできたとのこと、教えていただきありがとうございます!
      お米なしだと芋羊羹みたいになるんですね~。
      芋羊羹大好きなので、私も今度やってみます(^^)

      ちなみに、私はかぼちゃと栗入りの甘酒がとても好きです。
      栗入り甘酒の作り方も書きかけ(放置中)なのですが、特にさつま芋入りやかぼちゃ入りと変わったところはなく、お好みの量の栗を入れるだけです。
      私の場合、栗の皮を剥くのがあまりに大変なので、いつもは栗おこわで代用ですが(^^)

      また新たな甘酒を作ったらぜひ教えてください!

  5. 甘酒作りで、検索してましたら此処へ辿りつきました(^_^)v

    まさに、小生が求めていた処!

    特に、『可能な限り少量の麴で』ってえのが、魅力的でした(^_^;)

    試みたいと思います。

    デハ  では(報告は後日)   de 野兎(ヤット)

    1. 野兎さん、コメントありがとうございます!
      返信が遅くなり申し訳ありません。

      麹でつくる甘酒って、かなり大量に麹を使うレシピが多いですよね。
      それでも製品を買って飲むよりは安いのですが、気軽に飲めるというほどでもない気がします。
      もともとは節約&手抜き&自分好みの甘さにしたいということで、麹を減らしていったのですが、他の人にも好評の味でした(^^)

      この麹の量だと、お米の種類によってはあまり甘くならないことがあるのですが、もち米をちょっと混ぜると全然違いますよ~。(もち米も結構値が張るので迷うところですが。)
      今度基本編に追記予定ですが、さっぱり系のお米であまり甘くならないという場合は、お米1合につき50gくらいをもち米に置き換えると甘さが出ておいしくなります(ご飯1合分=炊いた白米300g+炊いたもち米50g、という感じです)。麹の量は変えません。

      もしまた遊びに来ていただく機会があったら、是非甘酒の感想をコメントしてくださいね!

  6. はじめまして、甘酒のサイトで かめのて様に 偶然 おあいしました。オートミールで 甘酒とは 自分の冷蔵庫に入っている ケーキの材料なのに 気がつきませんでした。
     いま 甘酒 作っています。きっと ヘルシーで 美味しい甘さけできると思います。
     詳細まで 丁寧な説明 とても 参考になりました。
    ありがとうございます。 甘酒酵素で できあがった甘酒に 大好物のヨーグルト(カスピ海ヨーグルトを 混ぜて 再度 ヨーグルティアで 発酵も して 飲んでいます。また かめのて様 の方法も おきかせくださいね。

    1. myaさん、コメントいただきありがとうございます。
      こちらからの返信が遅くなり申し訳ありません。

      コメント2つ入れていただいていたのですね。
      スパムコメント対策でコメントを承認制にしているため、コメントを書いてもすぐには表示されなくなっています。
      分かりにくくてごめんなさい。

      甘酒おいしく作れたようでよかったです!
      カスピ海ヨーグルト、私も好きです。
      myaさんはこちらも自作とのこと、ヨーグルティア大活躍ですね。

      私は甘酒を長いこと(数週間)冷蔵庫に入れておいて酸味が出てきたものに、豆乳を入れてヨーグルトを作って食べています。(牛乳でもできると思いますが、未確認です。)
      ちなみに、甘酒は保温で失敗して酸味が出たものと、冷蔵庫保存でじっくり乳酸菌を増やしたものとでは全然味が違います。後者は爽やかな酸味でとてもおいしいですよ(^^) 私の中ではこれがマイグルトです。

      上記の豆乳ヨーグルトは、単に酸味の出た甘酒に豆乳を混ぜて(半々くらい)、冷蔵庫に固まるまで数日間入れておくだけです。
      上にヨーグルト、下に甘酒という2層になります。
      柔らかくて癖のない味でおいしいですよ。
      固まってから数日間は、下の甘酒も甘さが残っているのでいっしょに食べてもおいしいです。
      ちなみに、固まってからさらに長く冷蔵庫に入れっぱなしだと、どんどん発酵が進んで炭酸がきつくなってピリピリしてきますので気をつけてください。
      それから、あまりに長く保管していて酸味が強くなった甘酒(見た目にもぷくぷく泡が上がってきてたりします)ものだと、入れた豆乳の固形分と水分が分離しすぎておからのような見た目になったりしますし、容器の蓋を押し上げて冷蔵庫が大変なことになったりしますので、どうぞご注意ください。

      ヨーグルトの前に、まずは甘酒に酸味が出るまで気長に待たないといけないのですが・・・これにだいたい早くて2週間、遅いと4週間くらいかかる気がします。
      でも、一度乳酸菌の増えた甘酒を手にしてしまえば、次からは、ヨーグルトの種菌のような感覚で、新しく作った甘酒に酸味の出た甘酒をちょっと入れて冷蔵庫で何日か待てば同じように酸味のあるおいしい甘酒になります。

      作ったヨーグルトですが、これを種として豆乳に加えて冷蔵庫に入れておくとヨーグルトができます。
      普通のヨーグルトを作るときと同じですね。
      回数を重ねると味が変わってくるので、その時はまた甘酒を種にして新たに作るといいと思います。

      という話も、基本編に追記したいなあと思い続けているのですが、写真を撮ってないのでもう少々お待ちくださいね。
      コメントに長々書いてしまって申し訳ありません。

      ぜひまたmyaさんのヨーグルティア話聞かせてください!

コメントを残す

※スパム対策のため、コメントは承認制です。コメントを送信してから公開されるまで、しばらく(1日以上)かかります。
※名前欄には、任意のニックネームを入力してください。(「匿名」でも送信できます。)
※メールアドレスは入力しても公開(表示)されない設定になっています。コメント承認後、このページには、名前とコメント文のみ表示されます。

ゆるっと生活Tips ~ 情報過多な世界で雑念過多に生きる管理人が、「ちょっといい」くらしの情報をお送りします。