さつまいも入り甘酒の作り方~少量の米麹で節約甘酒<応用その4>

さつまいも入り甘酒(上の写真は安納芋)の画像
さつまいも入り甘酒(上の写真は安納芋)

今回は応用編その4で、さつまいも入りの甘酒をご紹介します。

温めて飲めば、秋冬のおやつに最適です!

目次

  1. さつまいも甘酒の製造に必要なもの
    1. 甘酒作りの道具
    2. さつまいも入り甘酒の材料
  2. さつまいも入り甘酒の作り方
  3. おわりに

1.さつまいも甘酒の製造に必要なもの

甘酒作りの道具

必要な道具は、以下の通りです。

以下、タイトル文字をクリックすると説明部分が開閉します。

道具の詳細については、「甘酒の作り方基本編」も参考にしてくださいね!

さつまいも入り甘酒の材料

以下は、さつまいも甘酒の材料です。レシピの分量だとヨーグルティア容器(1200ml)1個分くらいと大量にできます。各自作りたい量に合わせて材料を増減してください。

さつまいも入り甘酒の材料

  • 鶴味噌醸造の米こうじ(乾燥):75g
  • 炊いたご飯(白米):350g(約1合分)~400g弱
  • さつまいも(蒸しor茹で):約400g(お好みで)
  • 水:500~600g(2.5~3カップ)ひたひた調整

材料の割合ですが、きっちり出すと数値が面倒なことになるので、だいたい以下のようにすればよいでしょう。

麹:ご飯:さつまいも=1:5:5

水は覚えなくてもひたひたにすればいいだけなので書きません(笑)

麹1に他が5って、なんだかいつもこの配合のような気が・・・。
そしてレシピと比べてあまりにざっくり過ぎる比率な気もしますが、簡単なほうがよいですしね。

一応レシピは麹と他材料の割合と私の味の好みをもとに考えて作ってますが、あまりにレシピからかけ離れた量にならなければ、そんなにかっちりやらなくても甘酒になるはずです。

配合はお好みでいろいろ変わっていくのが普通だと思いますし、たとえかけ離れようともそれが好みなら全く問題ないので、まずは気軽にお試しで作ってみてください!

(*)鶴味噌醸造の米麹については、「甘酒の作り方基本編」でご紹介しているので、是非ご覧ください。もちろんいつも使っている米麹があればそれを使っていただいて構いません。その場合、麹の量は各自で調整してくださいね。
(*)レシピの分量で白米の代わりにもち米を使うと甘みが増します。もち米をどのくらいの割合で入れるかはお好みでどうぞ。

さつまいもを入れるときの注意点

さつまいもの繊維質部分は筋のようになって甘酒の口当たりが悪くなることがあるので、なるべく大きくて硬い筋は取っておいてください。あまりに筋が多いさつまいもは使わないようにしましょう。

さつまいもはかぼちゃより水分が少ないので、かぼちゃ入り甘酒と同じような水分量(水2カップ)だとかなりかためのドロっとした甘酒になります。これもお好みで。

ちなみに焼き芋を使ってもいいですが、せっかくなので焼き芋はそのまま食べたほうがいいんじゃないかと思い(私は焼き芋好きなのです)、レシピでは蒸しか茹でとしました。
焼き芋を使う場合は、水の量をちょっと増やしたほうがいいかもしれません。

2.さつまいも入り甘酒の作り方

道具と材料を用意したら、以下の手順で甘酒を作ります。

  1. 米麹以外の材料と水(お湯)を混ぜて温度調整する
    (目安:55-60度くらい)

  2. 米麹を追加して混ぜる
  3. 必要に応じて水を追加する
    (目安:ひたひた)

  4. [ヨーグルティアの場合]材料を入れた容器の蓋をきっちり閉める
  5. ヨーグルティアなどで保温する
    (目安:57度10時間)

  6. 保温器から取り出して上下を返すように混ぜる
  7. 容器ごと冷水などにつけて冷ます
  8. 冷蔵庫に入れて寝かす
    (目安:半日)

手順自体は、基本の甘酒と同じですね。
さつまいもは他の材料といっしょに最初から混ぜます。
さつまいもを崩しながら混ぜると、全体的にさつまいも味の甘酒になるのでおすすめです。

保温完了後は、表面から篭ったような臭いがするかもしれませんが、最終的にはおいしい甘酒になるので大丈夫です。
表面部分が下のほうに来るように混ぜてから冷蔵庫に入れましょう。
冷蔵庫で寝かせている間に臭いはなくなります。

さつまいもの甘酒は、かぼちゃ甘酒と同様、お米だけのものより酸っぱくなるのが早いです。目安として冷蔵庫に入れてから2~3日目くらいまでは大丈夫ですが、長く楽しみたい場合は冷凍保存がおすすめです。

参考リンク:かぼちゃ入り甘酒の作り方~少量の米麹で節約甘酒<応用その2>

各手順の詳細は「甘酒の作り方基本編」をご覧ください!

3.おわりに

さつまいもはそれだけでもおいしいですが、甘酒に入れるとやさしい甘さでとても合いますよ。
焼き芋やスイートポテトと同様、ぜひさつまいも入り甘酒も秋冬のおやつメニューに加えてみてください!

ではまた!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

コメントを送信してから公開されるまで、しばらく(1日以上)かかります。
名前欄には、ニックネームをどうぞ!(「匿名」でもOK)
メールアドレスは任意です。入力しても公開(表示)されず、当サイトからメールを送信することもありません。